【TaoTronics Mini Sound Barレビュー】コスパ最強の外付けスピーカー

自宅のリビングにあるハイセンスの液晶テレビ、画質は文句なしなのですが音質がいまいち良くないため、手頃な外付けスピーカーを探していました。

今回、割引クーポンもありお手頃だったTaoTronicsのMini Sound Barを買ってしばらく使ってみたので、簡単にレビューを書きました。

結論から言うと、テレビにもPCにも使えるコスパ最強の外付けスピーカーでした。見た目がシンプルなのも素晴らしい。

コデログ

2000円台でこれなら文句なし!

Mini Sound Barの概要

このMini Sound Barは、TaoTronicsという中国の家電メーカーが製造・販売している外付けスピーカーです。

販売価格は3,599円(クーポンで2,999円)で、外付けスピーカーとしては低~中価格帯に位置する商品となっています。

参照:Amazon.co.jp

PCからスマートフォンまで幅広いデバイスで使えること、バッテリー内蔵のため持ち運んで使えることが大きな特徴です。

パッケージ内容および製品仕様は次の通りです。

  • TaoTronics サウンドバー本体 (モデル: TT-SK018)
  • ユーザーガイド
  • USB電源コード
  • AUX-RCAケーブル
最大外形寸法約400×55×60mm
重さ約645g
Bluetooth対応Bluetooth 5.0 & AUX接続3.5mm
ドライバーサイズ45mm×2
実用最大出力6W(3W+3W)
電源USB、DC 5V

Mini Sound Barの外観

外観をチェックしていきます。正面からの写真は色が上手く再現できなかったため、公式画像になっています。

参照:Amazon.co.jp

コデログ

どの家電にも合う落ち着いたシルバーカラーです!

側面にはボリューム調整のつまみ。結構大きめサイズですが、正面から見ると気になりません。印字も必要最低限。

背面には向かって左側にヘッドホン端子、マイク端子、DC端子がまとまっています。壁掛け用の穴もありますね。

最後に、電源コードとAUX-RCAケーブル。

Mini Sound Barレビュー

どの家電にも合うシンプルな外観

外付けスピーカーの良し悪しを決める要因の一つが、見た目のシンプルさだと思います。あくまでも音を良くするための装置ですからね。

その点でMini Sound Barは文句なしの合格点です。テレビの下に違和感なく収まるし、机の上に置いても全く目立ちません。

いくら音が良くても、ゴツくて存在感がある機体を毎日見ていると、日に日に邪魔だなぁと思うようになります。ここは妥協しないほうが良いですね。

音質は”TVスピーカーよりは”良い

肝心の音はどうだったか。抜群に良いとは正直言えませんが、テレビ本体のスピーカーよりは随分良くなりました。

同じ音量でも遠くまで届くようになり、こもった音は無くなりました。音の迫力は「良くなったかな?」という程度です。

これは出力やドライバーサイズに依存する部分なので、これだけ出れば十分かなぁと思っている部分です。

音の再現性や迫力を求めたい人は、一つ上の機種「TT-SK203」を試してみたほうが良いでしょう。

USB給電対応で持ち運びに便利

このサイズのスピーカーには珍しく、バッテリーが内蔵されていません。その代わりUSB給電対応で本体も軽いため、持ち運びに便利です。

バッテリーの重さが無くなると、随分軽く感じます。もちろん置きっぱなしにしても良いのですが、色々使い所があるのでもったいないですね。

Mini Sound Barのまとめ

ここまで書いてきた内容を簡単にまとめた内容が、以下となります。

ざっくりまとめ
・クーポン利用後2000円台でコスパ高し
・シンプルな外観でどんな家電にも合う
・音はそこそこだがテレビよりは良い
・本体が軽いので持ち運びに便利

スピーカーに最高の音を求める人はよい上位の機種をおすすめしますが、僕のように高性能を求めない人にはうってつけの機種です。

TaoTronicsはスピーカーに限らずコスパの高い家電が多いので、興味がある人はぜひチェックしてみて下さいね。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。