【3/11まで】楽天スーパーSALE開催中!買い回りで10倍を狙うならこれを買おう!

月額990円のソフトバンク「データ通信専用3GBプラン」がコスパ最強で超おすすめ!

電子書籍や動画を見るために買ったタブレット用のSIMを探していたのですが、まさにぴったりなSIMを見つけたので紹介したいと思います。

リンク:ソフトバンクオンライン データ通信SIM

コスパの高さを重視していたため、最初は料金の安い格安SIMに絞って探していたのですが、その他のメリットも含めたコスパの高さで考えた時に、残ったのはこのデータ通信SIMだったのです。

ということで今回は、ソフトバンクのデータ通信SIM(と、データ通信専用3GBプラン)の概要、メリットやデメリットについて説明していきたいと思います。

ソフトバンク データ通信SIMの概要

ソフトバンクのデータ通信SIMは、名前の通りデータ通信専用のSIMです。電話回線による通話はできないだけで、データ通信やSMSは使うことができます。

プランは用途に応じて選択できるようになっています。

  • データシェアプラン(月額基本料 1,078円)
  • データ通信専用50GBプラン(月額基本料 5,280円)
  • データ通信専用3GBプラン(月額基本料 990円)

今回僕が選んだのは、このデータ通信専用3GBプランです。

タブレット1台で使う予定なのでこのプランにしましたが、ほとんどデータ通信をしない2台目のスマホやタブレット用なら、データシェアプランにして複数の端末で使っても良いかもしれません。

以前に比べ、通話も電話回線ではなくデータ通信(LINEなど)が主流になっているため、データ通信とSMSが使えたらいいという人も増えているようです。

この流れは今後も増えていくのではないでしょうか。

データ通信専用3GBプランのメリット

コスパが高いと書いたように、このプランには価格以外のメリットがとても多いです。その内容についてまとめたものがこちらです。

  1. ソフトバンクの高速通信網を使える
  2. 追加オプションなしでSMSを使える
  3. Yahoo!プレミアム(月額508円)が無料になる
  4. 毎週日曜日にYahoo!ショッピング/PayPayモールで+10%
  5. 毎週土曜日、日曜日にCYBER SUNDAYクーポンがもらえる
  6. 最大50%還元PayPayクーポンがもらえる

格安SIMと違うのは回線速度と安定度です。ソフトバンクの回線を直接使えるため通信速度が極端に遅くなる可能性もほぼありません。価格では見えない部分ですが、実は大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

それ以上に大きなメリットとして言えるのが、②から⑥に書いてあるような「お得」に関するものです。このSIMを使う意味はここにあります。

まず最初に、Yahoo!プレミアムの月額料金が無料になります。この時点で回線費用の半分は元が取れました。プレミアム会員だとYahoo!ショッピング/PayPayモールのポイント付与率が+2%になります。

この回線を契約するとソフトバンクユーザーになるため、Yahoo!ショッピング/PayPayモールのポイント付与率が+10%になります。

日用品や消耗品を5,000円分買い物すれば、10%還元で500円分になります。先ほどのヤフープレミアム月額料金分と合わせると、この2つだけで回線料金が実質無料になります。

その他にも、ソフトバンクユーザー限定の最大50%還元PayPayクーポンでお得に買い物をすることもできます。ネットショッピング以外のメリットも多いのです。

お米や飲み物、キッチン用品などの日用品は、毎週日曜日にYahoo!ショッピング/PayPayモールで買うようにしておけば、最低でも+12%以上の還元率になります。

毎月10,000円の買い物をしている家庭なら、1,200円相当の還元額になります。データ通信費を払っていても、その費用以上の還元があるSIMは他にありません。

データ通信専用3GBプランのデメリット

プランの内容を見る限り目立ったデメリットは無いように見えますが、あえてデメリットしてを挙げるならば以下になるでしょうか。

  1. (格安SIMに比べて)月額料金がやや高い
  2. 6年目以降に料金が高くなる

格安SIMのデータ通信プランだと、容量3GBで780円前後が一般的です。それに比べると、990円という料金はやや高いかなという印象はあります。

そして、6年目以降は割引が終わって1,408円になります。ここまでくると割高ですが、6年後には3GBプランが存在しない可能性の方が高いため、気にする必要はないと個人的には思います。

まとめ

この記事では、ここまでに次の内容について説明しました。

  • ソフトバンク データ通信SIMの概要
  • データ通信専用3GBプランのメリット
  • データ通信専用3GBプランのデメリット

一見すると格安SIMに比べて割高に見えるこのデータ通信SIMですが、その価格差が気にならないぐらいにメリットの多い、極めてコスパの高いSIMだと言えます。

メイン回線として使うには少しデータ容量が心もとないのですが、2台目のスマホやタブレット用に使うならこれ以上にないおすすめのSIMだと思います。

特に、Yahoo!ショッピング/PayPayモール、PayPayを普段から使っている人はデメリットは皆無なので、ぜひ検討してみてください。おすすめです。