【月額0円~】楽天モバイル新プランを利用するメリット/デメリット

こんにちは、コデログ(@kodelog_me)です。

docomo・au・ソフトバンクの発表した格安料金プランを受けて、楽天モバイルからも新しい料金プランが発表されました。

月額0円から運用できるという驚異的な価格ですが、利用する上で気を付ける点はないか等、メリットとデメリットをまとめてみました。

楽天モバイル新料金プランの概要

今までの料金体系も月額2,980円という十分にお得なプランでしたが、4月1日以降さらにお得な内容へと変わります。

参照元URL:https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

新料金プランの特徴をまとめたものが以下になります。

新料金プランの特徴
・料金は4G/5G通信で共通
・料金は最大で2,980円
・データ使用量で料金が変動する
・データ使用量が1GB以下なら月額0円
・専用アプリで国内通話かけ放題/SMS無料
・事務手数料/契約違約金/MNP転出量は無料
・パートナー回線は5GBまで高速通信が可能

太字で書いたように、料金が変動する点とデータ通信量によっては0円で回線を持てる点が最大の特徴でしょう。

ライバル3社の料金プランの上限金額は楽天モバイルと同じですが、よく使う人も使わない人も同じ料金になるという点で大きく異なります。

新料金プランのメリット・デメリット

docomo・au・ソフトバンクユーザー

メリット
料金が安くなる

メリットとして言えるのは、「料金が安くなる」ことです。

各社の2,980円プランもかなり頑張った料金だと思いますが、楽天モバイルに比べると見劣りします。

ほとんどのスマートフォンユーザーは毎月20GBものデータは使いません。乗り換えることで月額料金が下がる人がほとんどでしょう。

デメリット
提供エリアが狭い

デメリットとして言えるのは、楽天回線の提供エリアが狭いことです。

かなりのスピードで携帯基地局を建てているようですが、3キャリアが何年もかけて網羅してきたエリアに届くには相当先でしょう。

提供エリア外の人は楽天以外の回線を5GB上限で使うしかないため、通信量が多い人であればあるほどデメリットが大きくなります。

MVNO(他社の格安回線)ユーザー

メリット
料金が安くなる

楽天モバイルと真っ向から勝負するのは3キャリアだけではありません。同じく格安料金で勝負しているMNVO各社との闘いにもなります。

そんな中でも、料金の安さは強力な武器になるはずです。

MNVOの中には月額数百円から回線を持てる格安プランを提供しているところもありますが、月額0円~で提供する会社はありません。

楽天モバイルがこのような無茶な料金設定を実現できるのは、楽天グループのサービスがあるからこそ。

そういうことを踏まえると、3キャリア以外の会社で同じ戦い方ができる企業は現状いないのではないでしょうか。

デメリット
なし

MVNOが楽天モバイルに乗り換えるデメリットは「ない」と思われます。

キャリアの場合は回線の弱さがネックになり得るという話でしたが、MVNO業者はキャリアから回線を借りています。

キャリアと密接に関係しているUQ mobileやワイモバイルは事情が少し違いますが、それでも現状デメリットは見当たりません。

楽天モバイルユーザー(2回線目)

あまり多くないと思いますが、すでに楽天モバイルの回線を契約している人が、1回線追加契約する場合を考えてみたいと思います。

メリット
なし

料金が安いと散々書いてきましたが、2回線目になると話は別になります。2回線目は、0GBだろうが必ず980円かかります。

2回線目を持ちたい人の中には、データ通信だけで良い・SMSも必要といった条件があると思いますが、その条件であればMVNOを使う方が良いでしょう。

キャンペーンを上手く使えば、月額500円~で数か月間利用できることもあるため、価格面でのメリットは無いでしょう。

無料通話し放題といったメリットも考えられますが、メイン回線を使えば良いので決定的なメリットとは言えません。

デメリット
料金が高くなる

メリットのところで記載したことが、そのままデメリットにつながります。回線エリアの狭さといった点も含みます。

楽天モバイル新料金プランのまとめ

ここまで書いてきた内容をまとめると、以下のようになります。

使っている回線メリットデメリット
docomo・au・ソフトバンク料金が安くなる提供エリアが狭い
MVNO料金が安くなるなし
楽天モバイル(2回線目)なし料金が高くなる

3キャリアを強く意識している楽天モバイルなだけあって、料金プランもかなり攻めた内容になっています。

新規ユーザーを含めた多くの人にとっては魅力的なプランだと思いますが、条件によってはデメリットにもなるので注意した方が良いでしょう。

これから3キャリアや関連子会社のUQモバイル、ワイモバイルが新しい動きを見せるかもしれないので、その動きもチェックしておきたいところ。

以上が、楽天モバイル新プランについてのメリット/デメリットに関するまとめとなります。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、コデログ(@kodelog_me)でした。

楽天モバイルのお得な情報
新しく申し込みをする人は、紹介者コード「wMH8kWf22T9x」を入力すると、入会特典とは別に1000ポイントもらえます。良かったら使ってみてください。