【3/11まで】楽天スーパーSALE開催中!買い回りで10倍を狙うならこれを買おう!

大幅値下げの「BALMUDA Phone」は”今が買い時”だと思う理由

ソフトバンクではすでに大幅割引で販売中のBALMUDA Phoneですが、直販サイトでも78,000円へと大幅値下げされました。元の価格が高かったとはいえ、26,800円の値下げは大きいです。

良くも悪くも話題になっているガジェットなので、「安くなったら買おうかな」と考えていた人もいるはず。そういった意味では、今が買い時なのかもしれません。

同価格帯のSIMフリースマホとの比較

と言っても、78,000円はSIMフリースマホとしては随分お高め。そこで、同じ価格帯のSIMフリースマホと価格・スペックで比較してみました。

比較対象で選んだのは、Xiaomiの「11T Pro(79,800円:256GBモデル)」とGoogleの「Pixel 6(74800円:128GB)」です。

要素BALMUDA11T ProPixel 6
画面サイズ約4.9インチ6.67インチ6.4インチ
画面解像度1920×10802400×10801080×2400
メモリ6GB8GB8GB
容量128GB256GB128GB
CPUSnapdragon765Snapdragon888 5GGoogle Tensor
バッテリー2500mAh5000mAh4524mAh
背面カメラ約4800万画素1億800万画素5000万画素
前面カメラ800万画素1600万画素800万画素
おサイフケータイ対応対応対応

決してスペックが悪いというわけではありませんが、この2機種と比べると、やはり見劣りします。ミドルレンジの機種を競合だと思った方が良いかもしれません。

個人的に残念なのが、2500mAhというバッテリー容量。手に持った時のフィット感を重視した結果だとは思いますが、iPhoneSEのようなサイズと性能を両立したものを目指して欲しかったところ。

BALMUDA Phoneの今後はどうなる?

先日、バルミューダのスケジュール管理「BALMUDA Scheduler」がリリースされたばかりということもあり、すぐに販売中止するようなことにはならないはず。

ですが、増産するほど売れているとは到底考えられないので、ソフトバンクや家電量販店、バルミューダの在庫が無くなった時点で販売終了になるのではないでしょうか。

それを考えると、バルミューダブランドの熱心なファンは、このタイミングで買っておいたほうが良いかもしれません。何年か後に希少価値が出る、かも。

・・・

スマホが話題になって目立ちませんが、新しく発売された空気清浄機がとてもいい感じです。バルミューダはやっぱりこっちの方向で頑張って欲しいなと思います。