【タイムセール祭り】Amazonの”偽値下げ”商品は「Keepa」で見破ろう

Amazonのタイムセール祭りが始まって、「何を買おうかな」「お買い得な商品はないかな」と調べ始めている人も多いのではないでしょうか。

僕も毎回Amazonのセールが始まるとすぐにチェックしていますが、その時に注意していることがあります。それは、“偽値下げ商品”に騙されないこと。

今回は、一見すると分かりづらい偽値下げ商品の特徴と、それに騙されないためのツール「Keepa」を紹介します。上手く活用して、お得なAmazon生活を一緒に楽しみましょう!

偽値下げ商品とは

Amazonのタイムセールに限らず、一般的にセールでは通常価格よりも安い価格で販売されることがほとんどです。(安くなかったら買わないですよね。)

ですがセール対象商品の中には、セール価格に見せかけて実は通常価格で販売している商品がたくさんあって、その商品のことを「偽値下げ商品」と呼んでいます。

具体的な例で考えてみましょう。このタイムセール価格を何も考えずに見ると、めちゃくちゃ安くなっているように思いますよね。

でも、このセール特価は本当にセール特価なのでしょうか?通常の販売価格はいくらなのでしょうか?それを一発で見破ることができるのが「Keepa」というツールなのです。

Keepaの使い方

まず最初に、このKeepaを使うにはPC環境でChromeブラウザが必要です。スマホだけしか無い人は、今回は残念ながら見送りとなります。ごめんなさい。

PCでChromeを開いたら、Chromeウェブストアにアクセスします。検索ボックスで「Keepa」と入力して検索するとツールが表示されるので、インストールして有効化しましょう。

Chromeの右上にKeepaのアイコンが表示されていればOKです。「右クリック→オプション」で細かな設定を変更できますが、設定なしで問題ありません。気になる人は後からチェックしてみてください。

それでは、さっそく偽値下げ商品かどうかをチェックしてみましょう。タイムセールから気になる商品をクリックして、商品の詳細ページを開きます。

画面をスクロールしていくと、今までにない価格のグラフが表示されるようになっていると思います。これがKeepaによる価格分析の結果です。

この商品の場合は、今までの新品価格よりタイムセール価格の方が安いのでお買い得ということになります。ですが、新品価格が不自然に上下しています。

どんな商品でも新品価格が大幅に変わることはありません。人気がなくなり下がることはあっても、下がった後にまた戻ることはありません。

それを考えると、この出品者の値付け自体が疑わしいと考えることができるわけです。僕だったらこういう価格をつけている商品は絶対に買わないようにしますね。

まとめ

簡単ですが、Amazonタイムセールの偽値下げ商品について、また、Keepaを使った商品の見破り方についての説明をしてみました。

このツールの使い方を知っておくだけで、少なくとも本当はお得じゃない商品に騙されることはなくなるので、よりお得な商品を見つけられる可能性がグッと高くなるはずです。

全部の商品をチェックしていくと時間がかかって大変なので、気になった商品をブックマークしておき、本当に買おうかどうか迷ったものをKeepaでチェックするのが効率的で良いかもしれませんね。

ぜひ、活用してみてください。

タイムセール祭り